トップ グルメ ショップ カルチャー ライフ コラム イベント イベント参加 会員登録











































































































・国立ランブリング


【連載 -43】国立ランブリング「八月の雨よ、この町を濡らせ」小山伸二・作

【連載-42】国立ランブリング「雨降りカレー」小山伸二

【連載 - 41】国立ランブリング「五月の階段」小山伸二

【連載 - 40】国立ランブリング「天使」小山伸二

【連載 - 39】国立ランブリング「三月に、さよなら」小山伸二

【連載-38】国立ランブリング「逃げる二月をつかまえて」小山伸二

【現代詩 連載-37】国立ランブリング「王様のガレット」 小山伸二

【連載-36】国立ランブリング「聖夜」小山伸二

【連載-35】国立ランブリング「十月のひと」小山伸二

【連載-34】国立ランブリング「九月の地下鉄」小山伸二

【連載-33】国立ランブリング「夏のランブリング」小山伸二

【連載-32】国立ランブリング「アブラカダブラ」小山伸二

【連載31】国立ランブリング 「皐月、サヨナラ。」 小山伸二

【連載-30】国立ランブリング「鉛筆で詩を書くひとは」小山 伸二

【連載 - 29】国立ランブリング「さようなら、三月」小山 伸二

【連載-28】国立ランブリング 「二月二十九日の国立で」小山伸二

【連載 - 27】国立ランブリング「空で待ってるんだ」小山伸二

【連載-26】国立ランブリング「ひかりの橇で」小山伸二

【連載-25】国立ランブリング「この十一月に乾杯を」小山伸二

【連載24】国立ランブリング「ファニーな十月を」小山 伸二

【連載23】国立ランブリング「ランブリング、九月」小山 伸二

【連載 22】国立ランブリング「夏のグラウンド」小山伸二

【連載 (21)】国立ランブリング「百年の夏に」小山伸二

【連載 S】国立ランブリング 「六月のランブリング」小山伸二

【連載R】国立ランブリング「フェルナンは」小山伸二

【連載Q】国立ランブリング 「花過ぎる、四月」小山伸二

【連載P】国立ランブリング 「くにたち三月」小山伸二

【連載O】国立ランブリング 「逃げる二月」小山伸二

【連載N】国立ランブリング 「冬の匂い」小山伸二

【連載14】現代詩 国立ランブリング「なんて素敵な世界なんだろう」小山伸二

【連載L】国立ランブリング「ランブリングする十一月」 小山伸二

【連載K】国立ランブリング「十月の記憶」小山伸二

【連載J】国立ランブリング「九月の町を歩く」小山伸二

【連載I】八月のランブリング 小山伸二

【連載H】国立ランブリング 「雲を育てる七月よ」 小山伸二

【連載G】国立ランブリング「紫陽花」小山伸二

【連載F】国立ランブリング「五月の町に挨拶を」小山伸二

【連載E】 国立ランブリング アフターウインター 小山伸二

【連載D】国立ランブリング たくらみの二月 小山伸二

【連載C】国立ランブリング 冬の旅人 小山伸二

【連載B】国立ランブリング 十二月がやって来た 小山伸二

【連載A】国立ランブリング 十一月に  小山伸二

【 国立ランブリング (1)】 秋が来た








2017年04月18日(火)
【連載 - 40】国立ランブリング「天使」小山伸二

[・国立ランブリング]

【連載 - 40 】国立ランブリング
 
天 使             小山伸二
 
 
地中海ではとびっきり甘いお菓子と
きむずかしい神々に会ったんだ
あなたの
あふれる知識とナイーブな心が
紙を花びらのように埋めつくしていった
 
ひとひらひとひら
しろい蝶蝶になって
富士見通りを飛んでいった
ぶっきらぼうなアマノジャク
ほんとうは
翼がはえていたんだ
 
自由気ままにひょいと路地を飛び越える
誰かとすれちがいたくないから
ニンゲン嫌いを気取っていたけれど
千の花と樹の名前を教えてくれた
その肩のうえには
もう花びらはとまらない
 
鞄のなかには七色の鉛筆があった
ふるい東京ことばと中世ラテン語で
カフカもモーツァルトも友だちにした
いたずら好きの天使たち
いっぱい描いたスケッチブックをとじて
ユーモアと皮肉
まじめなことがなによりだいきらい
 
最後のスープ
あなたはうっとりした表情で
地中海の香りを胸にすいこんだ
あなたの描いた天使たちから呼ばれたんだ
かれらといっしょに
ルネサンスのきれいな青色にとけた
その空を
ぼくたちは
ここから見あげていてる
 
 
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
 
◎国立ランブリング「創作ノオト」
三月にひきつづき。
たくさんの詩と文章、そしてチャーミングなデッサンをぼくたちに遺してくれた飯山文雄さんに捧げる詩を、この四月にも。
 
写真は、清水さんちのグレイスとジェムちゃん。
ピンク色の花びらまみれながら、この春に飛び跳ねています。
 
まだまだ、この町で生きているぼくたち。
いましばらく、この花の町の景色を楽しもう。
 

バックナンバー
クラウドナイン
【プロフィール】  
小山伸二 (おやま・しんじ)
国立在住。詩人。福間塾に参加。
『きみの砦から世界は』(思潮社・刊)
『きみの砦から世界は』 (思潮社)
作品集

クラウドナイン cloud nine
小山伸二と清水美穂子による詩と写真のコラボユニット。
「クラウドナイン」公式FBページ
https://www.facebook.com/cloudnine.sm
 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/
https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot
 
 
[ameblo]







会員規約  |  ハッピースポット概要  |  プライバシーポリシー  |  リンク  |  著作権  |  サービス料金表  |  お問い合せ  |  管理ページ

Copyright(C)2012 Happyspot. All rights reserved