たましん くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン・くにたちハッピースポット 国立情報 イベント 国立のさくら 国立マップ 国立TV ネットチラシ 会員登録 ブログ



























































































・国立ランブリング


【連載 - 47】国立ランブリング「聖夜」小山伸二

【連載-46】国立ランブリング 「さようなら」小山伸二

【連載 - 45】国立ランブリング 「黒曜石」小山伸二

【連載-44】国立ランブリング「さよなら、ロータリー」小山伸二

【連載 -43】国立ランブリング「八月の雨よ、この町を濡らせ」小山伸二・作

【連載-42】国立ランブリング「雨降りカレー」小山伸二

【連載 - 41】国立ランブリング「五月の階段」小山伸二

【連載 - 40】国立ランブリング「天使」小山伸二

【連載 - 39】国立ランブリング「三月に、さよなら」小山伸二

【連載-38】国立ランブリング「逃げる二月をつかまえて」小山伸二

【現代詩 連載-37】国立ランブリング「王様のガレット」 小山伸二

【連載-36】国立ランブリング「聖夜」小山伸二

【連載-35】国立ランブリング「十月のひと」小山伸二

【連載-34】国立ランブリング「九月の地下鉄」小山伸二

【連載-33】国立ランブリング「夏のランブリング」小山伸二

【連載-32】国立ランブリング「アブラカダブラ」小山伸二

【連載31】国立ランブリング 「皐月、サヨナラ。」 小山伸二

【連載-30】国立ランブリング「鉛筆で詩を書くひとは」小山 伸二

【連載 - 29】国立ランブリング「さようなら、三月」小山 伸二

【連載-28】国立ランブリング 「二月二十九日の国立で」小山伸二

【連載 - 27】国立ランブリング「空で待ってるんだ」小山伸二

【連載-26】国立ランブリング「ひかりの橇で」小山伸二

【連載-25】国立ランブリング「この十一月に乾杯を」小山伸二

【連載24】国立ランブリング「ファニーな十月を」小山 伸二

【連載23】国立ランブリング「ランブリング、九月」小山 伸二

【連載 22】国立ランブリング「夏のグラウンド」小山伸二

【連載 (21)】国立ランブリング「百年の夏に」小山伸二

【連載 S】国立ランブリング 「六月のランブリング」小山伸二

【連載R】国立ランブリング「フェルナンは」小山伸二

【連載Q】国立ランブリング 「花過ぎる、四月」小山伸二

【連載P】国立ランブリング 「くにたち三月」小山伸二

【連載O】国立ランブリング 「逃げる二月」小山伸二

【連載N】国立ランブリング 「冬の匂い」小山伸二

【連載14】現代詩 国立ランブリング「なんて素敵な世界なんだろう」小山伸二

【連載L】国立ランブリング「ランブリングする十一月」 小山伸二

【連載K】国立ランブリング「十月の記憶」小山伸二

【連載J】国立ランブリング「九月の町を歩く」小山伸二

【連載I】八月のランブリング 小山伸二

【連載H】国立ランブリング 「雲を育てる七月よ」 小山伸二

【連載G】国立ランブリング「紫陽花」小山伸二

【連載F】国立ランブリング「五月の町に挨拶を」小山伸二

【連載E】 国立ランブリング アフターウインター 小山伸二

【連載D】国立ランブリング たくらみの二月 小山伸二

【連載C】国立ランブリング 冬の旅人 小山伸二

【連載B】国立ランブリング 十二月がやって来た 小山伸二

【連載A】国立ランブリング 十一月に  小山伸二

【 国立ランブリング (1)】 秋が来た








2017年11月19日(日)
【連載-46】国立ランブリング 「さようなら」小山伸二

[・国立ランブリング]

【連載-46】国立ランブリング
 
さようなら
                  小山伸二
 
ずたぶくろのような影がかさなっている
饐えた臭いも
しょせんだれもが管と皮とそして骨
ながい物語の川をながれる
きみとぼくじゃないか
灰色の空から降ってくるのは
十一月のひかりと
ことばにならないきれぎれの
思い出だとして
なにを話すのかが問われている
戦わない冬が
待っているんだ
 
国境を越えてこの町に
ようこそ甲州街道の北の林をぬけて
かつてここが村だったころを
町の図書館でぼくらは知ってる
電車も走っていなかったころ
きれぎれのことばが枯葉とじゃれあって
秋を見送った大通りで
 
映画の中の世界から
ゆっくりと帰ってきたひとたちと
とびっきり苦い一杯を飲もう
だれもが正気をよそおう夜と朝を
数えながら
弱虫の教授と強気の学生
はやくキャンパスから出ておいでよ
 
うらの三浦さんがあたたかいスープを作ったって
公園にならんでいるひとたちを呼んで
垣根をまがって食べにおいで
いじわるな神さまが通り過ぎてしまう
祭りが町をおおってしまうまえに
 
 
◎国立ランブリング「創作ノオト」
またもや十一月が通り過ぎて。
やがて、過越の祭もやって来る。
世界は、この町は、これからどこへ、行くのだろうか。
パンでも齧りながら、あたたかいスープを飲んで、さあ歩き出そう。
 
 
バックナンバー

【プロフィール】  
小山伸二 (おやま・しんじ)
国立在住。詩人。福間塾に参加。  
最新詩集『きみの砦から世界は』(思潮社・刊)  
『きみの砦から世界は』(思潮社)
作品集
 
クラウドナイン cloud nine
小山伸二と清水美穂子による詩と写真のコラボユニット。
クラウドナイン」公式FB ページ
 
 
国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/
https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot
 

[ameblo]







会員規約  |  ハッピースポット概要  |  プライバシーポリシー  |  リンク  |  著作権  |  サービス料金表  |  お問い合せ  |  管理ページ

Copyright(C)2012 Happyspot. All rights reserved