たましん くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン・くにたちハッピースポット 国立情報 イベント 国立のさくら 国立マップ 国立TV ネットチラシ 会員登録 ブログ



























































































・国立ランブリング


【連載 -43】国立ランブリング「八月の雨よ、この町を濡らせ」小山伸二・作

【連載-42】国立ランブリング「雨降りカレー」小山伸二

【連載 - 41】国立ランブリング「五月の階段」小山伸二

【連載 - 40】国立ランブリング「天使」小山伸二

【連載 - 39】国立ランブリング「三月に、さよなら」小山伸二

【連載-38】国立ランブリング「逃げる二月をつかまえて」小山伸二

【現代詩 連載-37】国立ランブリング「王様のガレット」 小山伸二

【連載-36】国立ランブリング「聖夜」小山伸二

【連載-35】国立ランブリング「十月のひと」小山伸二

【連載-34】国立ランブリング「九月の地下鉄」小山伸二

【連載-33】国立ランブリング「夏のランブリング」小山伸二

【連載-32】国立ランブリング「アブラカダブラ」小山伸二

【連載31】国立ランブリング 「皐月、サヨナラ。」 小山伸二

【連載-30】国立ランブリング「鉛筆で詩を書くひとは」小山 伸二

【連載 - 29】国立ランブリング「さようなら、三月」小山 伸二

【連載-28】国立ランブリング 「二月二十九日の国立で」小山伸二

【連載 - 27】国立ランブリング「空で待ってるんだ」小山伸二

【連載-26】国立ランブリング「ひかりの橇で」小山伸二

【連載-25】国立ランブリング「この十一月に乾杯を」小山伸二

【連載24】国立ランブリング「ファニーな十月を」小山 伸二

【連載23】国立ランブリング「ランブリング、九月」小山 伸二

【連載 22】国立ランブリング「夏のグラウンド」小山伸二

【連載 (21)】国立ランブリング「百年の夏に」小山伸二

【連載 S】国立ランブリング 「六月のランブリング」小山伸二

【連載R】国立ランブリング「フェルナンは」小山伸二

【連載Q】国立ランブリング 「花過ぎる、四月」小山伸二

【連載P】国立ランブリング 「くにたち三月」小山伸二

【連載O】国立ランブリング 「逃げる二月」小山伸二

【連載N】国立ランブリング 「冬の匂い」小山伸二

【連載14】現代詩 国立ランブリング「なんて素敵な世界なんだろう」小山伸二

【連載L】国立ランブリング「ランブリングする十一月」 小山伸二

【連載K】国立ランブリング「十月の記憶」小山伸二

【連載J】国立ランブリング「九月の町を歩く」小山伸二

【連載I】八月のランブリング 小山伸二

【連載H】国立ランブリング 「雲を育てる七月よ」 小山伸二

【連載G】国立ランブリング「紫陽花」小山伸二

【連載F】国立ランブリング「五月の町に挨拶を」小山伸二

【連載E】 国立ランブリング アフターウインター 小山伸二

【連載D】国立ランブリング たくらみの二月 小山伸二

【連載C】国立ランブリング 冬の旅人 小山伸二

【連載B】国立ランブリング 十二月がやって来た 小山伸二

【連載A】国立ランブリング 十一月に  小山伸二

【 国立ランブリング (1)】 秋が来た








2017年08月09日(水)
【連載 -43】国立ランブリング「八月の雨よ、この町を濡らせ」小山伸二・作

[・国立ランブリング]

【連載 -43】国立ランブリング
 
八月の雨よ、この町を濡らせ     小山伸二
 
土砂降りの雨をホームから眺めている
メッセージが届いた午後
みんなの残りの時間が刻まれている
からだを通過していくものが
心でとまればいいのに
誰もが小走りになって建物のなかへ
稲妻さえ見えない空の下で
 
どこに居てもなにをしていても
きみのことを考えているぼくの八月
きみの感じていることだけを
感じていたい
いつのまにか一緒に歩いている
旅の途上で
これからのすべての切ないことを
苦しいことを
すべてはこの胸に
きつく抱きしめて生きていく
 
通り雨もやんだ旭通りからバスが帰って来た
誰かのためにとってあった悲しみに
西日がゆっくりと滲んでいく
眠る小犬たちのような悲しみが
月になって空にのぼっていく
地上に降ってくる言葉に濡れる
立ちどまる草花になる
 
紙のうえを歩く
見えない足跡をたどっていこう
きみと並んでビールを飲んだ店を出て
いとおしすぎて涙がにじむ
そろそろ店仕舞いのときなんだろう
あとはただ空を眺めるだけ
見えない場所の知らない時間
箱のなかにこの身を横たえよう
幾億光年にひらく闇に怯えながら
きみの肩を抱こう
 
迷宮の八月をぐるぐるまわる
灼熱の都会で小犬のようにあえいでいる
ぼくの夏
きみの夏
 
いろんなことがつぎつぎに押し寄せてくる
人生の夏
海は見えないけど白い波が見えるみたい
谷保天満宮につながる参道
国立の夏
汗をかいて水を飲みパンを齧る
ぼくたちの生きている夏
この地上の終わりのはじまりの八月
生きている夏
 
 

◎国立ランブリング「創作ノオト」
今年の夏も、いよいよ本番です。
なかなか、大変な日々ですが、ぼくの詩の旅はまだまだつづきます。
みなさんの夏が、どうぞ、素敵でありますように。
 
バックナンバー

【プロフィール】
小山伸二 (おやま・しんじ)
国立在住。詩人。福間塾に参加。
最新詩集『きみの砦から世界は』(思潮社・刊)
『きみの砦から世界は』(思潮社)
作品集

クラウドナイン cloud nine
小山伸二と清水美穂子による詩と写真のコラボユニット。
「クラウドナイン」公式FB ページ
 
 
国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/
https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot
 
 
[ameblo]







会員規約  |  ハッピースポット概要  |  プライバシーポリシー  |  リンク  |  著作権  |  サービス料金表  |  お問い合せ  |  管理ページ

Copyright(C)2012 Happyspot. All rights reserved